よくある質問

1.参加者層はどんな方が多いですか?

神社に興味がある方、一流ホテルや美味しいものが好きな方、もしくは両方の属性をお持ちの方が大半です。神社参拝を行うイベントなので心の世界の話が嫌いな人はきませんし、日本が嫌いな人も来ない傾向があります。

職種や年齢層などはバラバラですが、男女比でいうと女性比率がかなり高くなります。

セラピストの方が多い回、IT関連の方が多い回、文筆関係の方が多い回、ふたを開けてみないと分からないというのが正直な所です。

新規参加の方が8割、リピート参加の方が2割、くらいの比率が多いかと思います。

2.初対面の方ばかりだと話題に悩みませんか?

この会は神社が好きな方、もしくは一流ホテルが好きな方が集まる傾向があります。
なので、迷ったら「神社や神様の話題」か「ホテルや朝食の話題」を出せば大丈夫です。

話題に悩んだら「目の前の料理そのもの」を話題にすることもできます。

また、早朝イベントなので多くの参加者の方は、「早起き」という共通体験をしています。
なので、最初の会話は「今朝は何時起きですか?」といった内容で問題ありません。

3.人数は何人くらいですか?

最低2人、最高8人程度。4人~5人くらいが多いです。  (主催者1名を含む)

大人数になると朝食会場にかなりの制約が出てしまうため、また実質的に会話ができる人数で開催したいので、少人数での開催となっております。とにかくたくさん名刺を配ることが必要な方には不向きです。

4.お友達同士やカップルや夫婦での参加はできますか?

歓迎いたします。
(もちろん、お一人での参加も歓迎いたします。比率としては一人でいらっしゃる方のほうが多いです。)

5.交流会にいくと名刺交換した人から不要な営業をかけられそうで心配です

不愉快な勧誘・営業を受けたという報告は今までありませんが、もし何かあればご相談ください。事務局より厳重注意を行い、出入り禁止措置をとります。

不安な方は名刺はもたずにご参加ください。(持っていないか切らしていれば、交換する必要はありません。必要な場合は後で郵送すればよいのです。)

6.参拝の時は何をお祈りするのがよいのでしょうか?

宗教団体の行事ではないので、基本的に各自のスタイルでお祈り頂いています。イスラム・カトリックなどの方で神社見学してみたい方も歓迎です。

お祈り内容が特に思いつかない時は「感謝の祈り(神様や自然の恩恵に対して)」を捧げるというのがお勧めです。例えば、美味しい食べ物が食べられるのは自然の働きのおかげですので。

7.お料理が口に合うかどうかが心配です

ホテルのレストランというのは色んな人が利用する場所なので、VIPから一般人まで、誰が来ても文句を言われにくい味付けになっていることが多いです。
なので、「ものすごく美味しくて感動で言葉を失うこと」はたぶん滅多にありませんが、逆に「あまりに個性的な味付けで口に入れられないいこと」も滅多にないでしょう

コース料理の場合は、食べられないものがある場合はお店の方にきちんと伝えれば対応して頂けます。
ビュッフェスタイル(バイキング)の場合は、自分で欲しいものだけを取ればよいのでそのあたりの心配は無用です。

8.ルール的なものはありますか?

お願いしていることを文書化するとこんな感じです。

「携帯電話は神社の境内およびレストラン内では、電源を切るかマナーモードにお切替の上、通話はご遠慮ください(緊急のみ例外)」

「神社の鳥居をくぐったあとは俗界ではなく聖域です。おしゃべりは控えめに、静かに参拝しましょう

「他の参加者の方など、人物の写真撮影は必ず事前に許可をおとりください。Facebookやblogなどへの写真投稿についても同様です。」

「のんびりペースでの参拝となります。見たいものを見つけたらのんびり眺めていきましょう。進行はできる限りゆっくりな人にあわせます。」

9.寝坊のペナルティーはありますか?

特にありません。参加ができなくなる、もしくは寝坊した分、途中からの参加になるだけの話です。

寝坊してしまった場合、1回や2回の失敗であきらめることなく「必ず次回に参加してやる!」という意気込みで次回の参加を目指して頂ければと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(Spamcheck Enabled)