ウェスティンホテル大阪 アマデウス の朝食 (7月朝食会レポート )

今回は記念すべき、初「男の着物」参加者があらわれました。いやー、主催は感謝感激あめあられです。ありがとうございます。男性参加者は、前後の予定の関係かスーツの方が多く、着物参加者があらわれたのは、男の着物ユーザーとしては非常に嬉しいです。

ということで、「男の着物」の視点での着物ユーザーあるある話が大いに盛り上がりました。女性陣もふだん聞けない話なので興味津々になっていました。

たとえば、男の着物を普段着として使う場合、何が面倒といって「鞄や袋」が意外と面倒なのです。ノートPCにルーターにとアイテムが多い現代人には特に。ここでなにを使うかが意外に悩むところだったりします。

あとはお祭りの話題にもなりました。みたらし団子は下鴨神社のお祭りが由来、祇園祭は山鉾巡行だけじゃないぞ、などなど参加者の方からも勉強になるお話を聞かせていただきました。

P1016574

祇園祭の時期の八坂神社境内にて



 

さて朝食ですが、アマデウスは「ガラスの壁」なので場所によっては 「夏は暑い」です。なので、暑がりな人は座席選びには注意をする必要があるレストランです。その代わりといってはなんですが、眺めはよい席が多いと思います。いい感じに庭園が見えますので緑を見ながら食事を楽しむことができます。


ビュッフェは洋食中心ですが、和食や中華(チャーハンあり)もありました。中華系以外のホテルでチャーハンまであるのは少し珍しいです。オムレツはシェフオーダーで可能。オムレツのシェフオーダーは、知らないと意外に見逃すので注意が必要です。

ウェスティン京都 

ウェスティン京都  オムレツ (大阪では撮影に失敗したのでこちらで代用します)



あとはフィッシュフライがいい味だしていたと個人的に思います。

ウェスティンホテルの特徴として、東京も仙台も大阪も、「駅から少し離れたところ」にあるのが特徴です。滞在するにはノンビリでいいのですが、駅からホテルへ行くのが少し手間だったりします。

駅すぐが売りになっている、ホテルグランヴィア京都や東京ステーションホテルなどとは反対の路線です。といって、リゾートホテルと違って「最寄駅から車で送迎」というほどの距離ではなく、駅から歩いても問題はない距離です。

「利便性」をまず大事にするのか、「独自性」をより重視するのか、ホテルに限らず意見が分かれる部分だとは思います。

■次回の朝会は7月29日です。(ラストです)

電子書籍で古事記を学ぼう
(iPhone・iPad・Androidでも読める)

塩竃神社 (仙台駅前)  (10月早朝参拝レポート )

今回は導きの神様として知られるシオツチを祭る塩竈神社へ。
イベントでは仙台駅前のところへ、その後で本社へお参りしました。
今回もWEBサイトをお持ちの参加者の方がいらしたのでご紹介します。

仙台のアネゴ@手相&数秘術占い師 宮丸 恵 さん
http://www.b-days.org/

杜の都仙台の心理カウンセラー らぶさん☆こと佐藤愛彦 さん
http://www.sk-mori.org/

ちなみにこの場所、本当に東口の駅出口から徒歩数分です。

PA255828

 

PA255826
伊達家四代目藩主の時代(17世紀)、塩竃大明神(今の塩竈神社)の修理をする時、いったん仙台駅近くのこの辺りにお宮をうつしたという話があり、その名残で今も小さいお宮さんが残っているのだそうです。

日本の歴史豆知識ですが、昔は神仏習合といって寺と神社の世界観は融合していました。なので神である八幡様を「八幡大菩薩」と呼ぶなど、菩薩という仏教の言葉で神道の神様を呼ぶという話も普通にありました。

PA255829 PA255830

地元の小さい神社という雰囲気なのですが、なかなか綺麗に整備されています。お祭りがあったのかこんな張り紙も。

PA255832
 

参拝後に、ホテルの朝食会場へ移動しました。笑ったのはこの建物。なにやらビルの上に神社があります。

PA255837

そして、よく見ると同じビルに教会も併設されています。

PA255840

これも神仏習合ならぬ、心神集合ですかね。結婚式場らしき感じでした。式典をキリスト式でやろうと純日本式でやろうと、どちらでもよいという発想ですな。なお、今の神道式の結婚式のスタイル自体、明治期に西洋の習慣を取り入れて作られたものです。(昔の結婚のお祝いは家でやってました。)

ちなみに塩竈神社(陸奥国一宮)の本社はこんな雰囲気。仙台からは電車だと仙石線(せんせきせん)か東北本線で15分~30分くらい。

JR東日本仙石線 本塩釜駅 (東側の参道の入り口まで 徒歩約10分)
JR東日本東北本線 塩釜駅  (表参道の石鳥居まで 徒歩約15分)

です。

PA255861

わりと気持ちが良い坂です。

駅からタクシーという手もあります。何も言わないと東側の参道に連れて行かれる可能性は高いと思うので、上の写真の表参道の石鳥居から行きたい人はきちんと指定したほうがいいです。

では、次の記事は朝食会記事になります。

(続く)

 

■次回の朝会は7月29日です。(ラストです)

電子書籍で古事記を学ぼう
(iPhone・iPad・Androidでも読める)

新宿京王プラザホテル 樹林 の朝食 (9月朝食会レポート )

今回は新宿の京王プラザホテルへ。牛が神使の神社(湯島天神)へ行った後に、朝から牛ステーキを食べようという半分ジョークの企画を実行にうつしました。

「朝からステーキなんか食えるかよ・・・」という人ばかりだったらどうしようと思ったのですが、なんと参加者全員がノリで頼んでおりました。なので今回の食事写真はバリエーションがありません。(笑)

P1015445

天神様の牛。これを見てから食べると、食べ物の有り難みを感じます。「頂きます」というのは命を頂いているという話をこっそり思い出しました。

P1015515

新宿京王プラザ コーヒーハウス樹林の朝ステーキです。

期間限定で2階のコーヒーハウス樹林が45階にきていたので非常にゴージャスな雰囲気で「肉はうまい!」と楽しむことができました。ジュース・パン(おかわり自由)・珈琲もしくは紅茶(どちらもおかわり自由)・サラダ・牛ステーキ、という内容でした。(平成26年9/28時点の話です。訪れる方は、価格や内容はホテルに直接ご確認ください


ジュースにチルドジュースという名前がついていたので謎だったのですが、「食品偽装騒ぎがあったので、絞りたてでないジュースは、チルドとつけるという話になったのだろう」という話に落ち着きました。

読書会コーナーをもって自己紹介にかえるみたいなノリで進行しましたが、名刺交換にたよらなくてもそれぞれのお仕事がどこかしらに顔をだすようで面白かったです。

上記は今回話題になった本達です。「ビジネス書歓迎」と書いたせいか今回はややアカデミックな入門書や、コテコテの実用書も並んでいます。

なお、たまに堂々と語っている人がいるのですが「日本の肉食の歴史は明治時代から」というのはよくある勘違いです。縄文時代の人間は肉を食っていました。古事記や万葉集が編集された奈良時代の貴族達も狩猟や肉食をしていました。現代でも、ちょっと田舎にいくと「伝統料理」として猪鍋などがあります。

江戸時代には肉食が公式によろしくないとされていました。が、これは六世紀以降にやってきた仏教の「肉食禁止」の戒律が修行マニアの間だけでなく、広く一般に広まったことによるものです。

さて、歴史の話はさておき、ご飯写真の続きは動画でお楽しみください。

■次回の朝会は7月29日です。(ラストです)

電子書籍で古事記を学ぼう
(iPhone・iPad・Androidでも読める)