ニューオタニの最強朝食と日枝神社 (11月朝食会&読書会レポート )

朝の日枝神社にいってきました

ビルと神社のコントラストが面白い神社です。神社の裏を少し行くと首相官邸やキャピトル東急などもあります。

今回、ブロガーの方にご参加頂いたので、ご紹介。みゆき嬢の文章は、どこか懐かしい感じのする優艶(エレガンス×セクシー)さが宝塚歌劇のようでおもしろいです。

http://ameblo.jp/equelat/  ~アラフォー過ぎからの輝く生活

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手水



色々と少し違うところがありました。まず手水場に炭がおいてあるのが新鮮でした。最近の都会の神社はハイテク化が進行しており、手水場の水は自動で出てきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日枝神社



門の両脇を固めるのは実はお猿さんです。お稲荷さんのお使いは狐ですが、山王さんのお使いはお猿さんなのです。なので、狛犬ならぬ狛猿がいます。

P1017041

 

P1017039
さて、参拝会と同時に読書会&朝食会でもあるので話題にでた本のご紹介です。

話題になった本

今回、ひとつ珍しい現象がおきました。マンガが一冊も出てこないというのが実はこの会はじまって以来だったかもしれません。

この会での好きな本紹介のルールは2つで、1人3分程度(人数により増減します)というのと、「自分が嫌いな本を他人が紹介しても怒らない」というのを今のところは運用ルールにしています。「買ってはいけない」という本をAさんが紹介し、「買ってはいけないは買ってはいけない」という本をBさんが紹介する、というコメディーが絶対おきないとは言えないので。

さて、次はニューオータニの朝食のほうのご紹介です。まず、ホテルのお姉さん達の制服がゆるふわリゾートな感じだったのがおもしろかったです。外資系のリッツなどだとよりスタイリッシュなのですが、こっちはよりリゾートなリラックス感の強い制服な感じがしました。

そして最強の朝食へ

なにが最強といって169種類も料理があるらしいことなのですが、169種の中で今回一番人気だったメニューは、讃岐うどん。

P1017055

半塾卵のトッピングのありなしは選べます。器は砥部焼という実用本位の愛媛伝統の器です。讃岐うどんのお店でよく使われます。

食べ放題だけあってちゃんと一口サイズなのですが、一口といっても意外に量があります。

「うどんか、お粥か、それが問題だ・・・」

と悩んでいる方もいらっしゃいました。

炭水化物系はおなかがふくれてしまうので、ビュフェでたくさん色んなものを食べたい時は後半に回すべきメニューなのですが、このうどんは美味しかったのでおかわりするか迷う所でした。

P1017054和食系のおつまみもといお惣菜はこんな感じ。鮭の焼いたものとかしゃけ弁当が作れそうなものもありましたし、梅干しも美味しそうでした。おかゆと梅干だけでも満足度高いのではというくらい。

洋食はお約束なソーセージやクロワッサンなど

P1017047

 

シリアルや生フルーツも豊富にP1017052

サラダもいろいろと。写真をとりそこねましたが中華も焼売(しゅうまい)と肉まんとあります。

P1017051

そして、意外な伏兵だったのがビネガーや健康ドリンクの類。観音温泉の水とか、特製スムージーとか、この辺のドリンク類が非常に充実していました。

P1017044

今回のニューオータニで使われていた「観音温泉水」ですが、アマゾンで売ってました。



あと、ホテルでよく目に付く気がするミネラルウォーターといえばこれ(スタバでも売ってます)



ごく個人的なここの料理ランキング、三位はサラダ類、二位はビネガー・特製スムージー、一位は讃岐うどん、です。

全メニュー制覇はよほどの大食漢でなければ一回では無理なので、オムレツやソーセージや焼き鮭のような、どこの食べ放題にもあるものは二番手に回し、サラダや野菜ジュース、そしてうどん、と手を付けていくのが、個人的なおすすめです。

 

■次回の朝会は12月4日(東京)です

電子書籍で古事記を学ぼう
(iPhone・iPad・Androidでも読める)

リッツカールトン東京のコンティネンタル朝食 (8月朝食会&読書会レポート )

リッツ東京のラウンジの席からの眺めはこんな感じでした。案内された席は麻の葉文様(着物などでよくあります)をアレンジなテキスチャーの椅子でした。リッツカールトン東京のラウンジは未来都市的な雰囲気なのですが、さりげなく和のテイストも入っているのが面白い所です。

P8196947

では、読書会&朝食会なので話題にでた本のご紹介です。

話題になった本

 
いつものことながら、色んな世界が見えて面白かったです。

この会での好きな本紹介のルールは2つで、1人3分程度(人数により増減します)というのと、「自分が嫌いな本を他人が紹介しても怒らない」というのを今のところは運用ルールにしています。「買ってはいけない」という本をAさんが紹介し、「買ってはいけないは買ってはいけない」という本をBさんが紹介する、というコメディーが絶対おきないとは言えないので。

さて、ザ・ロビーラウンジの朝食のほうはこんな感じです。

コンチネンタルブレックファスト(パン・ジュース・フルーツ・お茶)とそれに卵料理を付けたコースとあったのですが、今回は全員が、コンチネンタルブレックファスト(パン・ジュース・フルーツ・お茶)プラス卵料理のコースを選んでいました。ちなみにラウンジの隣のレストランは、朝食ビュッフェがあります。食べ放題が好きな人はそちらもオススメです。

P8196961

P8196958

食後のお茶も10種類以上の中から色んな種類から選べるのですが、高級ホテルの朝食の中でもかなり高額な価格帯(5000円に届く勢い)になるリッツカールトンだけあり、「お茶のおかわり」は人間のスタッフが客席とは別の場所から給仕していただけました。テーブル以外の場所にワインボトルよろしく大型のポットが置いてあり、スタッフさんが折を見ておかわりを注ぎにやってきてくれるということです。

このお茶の給仕スタイルは別に朝食時間帯に限った話ではないのですが、少し高い分だけ他のホテルラウンジよりものんびり過ごせる傾向はあると思います。
朝食後のお茶には、日本茶も選ぶことができ、こちらのおかわりもいいタイミングで補充されていました。(もちろん、一杯づつ追加料金ということはありません)

余裕のある人数のベテランスタッフが配置されているというのは、サービスを売るレストランにとっては非常に重要なことだなと感じました。

P8196920

あ。明治神宮の杜も朝からよい雰囲気でしたよ。代々木から六本木は大江戸線で一本なので意外と近いです。(神宮のほうは別記事でレポート記事を書く予定。あくまで予定。)

■次回の朝会は12月4日(東京)です

電子書籍で古事記を学ぼう
(iPhone・iPad・Androidでも読める)

ウェスティンホテル大阪 アマデウス の朝食 (7月朝食会レポート )

今回は記念すべき、初「男の着物」参加者があらわれました。いやー、主催は感謝感激あめあられです。ありがとうございます。男性参加者は、前後の予定の関係かスーツの方が多く、着物参加者があらわれたのは、男の着物ユーザーとしては非常に嬉しいです。

ということで、「男の着物」の視点での着物ユーザーあるある話が大いに盛り上がりました。女性陣もふだん聞けない話なので興味津々になっていました。

たとえば、男の着物を普段着として使う場合、何が面倒といって「鞄や袋」が意外と面倒なのです。ノートPCにルーターにとアイテムが多い現代人には特に。ここでなにを使うかが意外に悩むところだったりします。

あとはお祭りの話題にもなりました。みたらし団子は下鴨神社のお祭りが由来、祇園祭は山鉾巡行だけじゃないぞ、などなど参加者の方からも勉強になるお話を聞かせていただきました。

P1016574

祇園祭の時期の八坂神社境内にて



 

さて朝食ですが、アマデウスは「ガラスの壁」なので場所によっては 「夏は暑い」です。なので、暑がりな人は座席選びには注意をする必要があるレストランです。その代わりといってはなんですが、眺めはよい席が多いと思います。いい感じに庭園が見えますので緑を見ながら食事を楽しむことができます。


ビュッフェは洋食中心ですが、和食や中華(チャーハンあり)もありました。中華系以外のホテルでチャーハンまであるのは少し珍しいです。オムレツはシェフオーダーで可能。オムレツのシェフオーダーは、知らないと意外に見逃すので注意が必要です。

ウェスティン京都 

ウェスティン京都  オムレツ (大阪では撮影に失敗したのでこちらで代用します)



あとはフィッシュフライがいい味だしていたと個人的に思います。

ウェスティンホテルの特徴として、東京も仙台も大阪も、「駅から少し離れたところ」にあるのが特徴です。滞在するにはノンビリでいいのですが、駅からホテルへ行くのが少し手間だったりします。

駅すぐが売りになっている、ホテルグランヴィア京都や東京ステーションホテルなどとは反対の路線です。といって、リゾートホテルと違って「最寄駅から車で送迎」というほどの距離ではなく、駅から歩いても問題はない距離です。

「利便性」をまず大事にするのか、「独自性」をより重視するのか、ホテルに限らず意見が分かれる部分だとは思います。

■次回の朝会は12月4日(東京)です

電子書籍で古事記を学ぼう
(iPhone・iPad・Androidでも読める)