東京大神宮・靖国神社・インペリアルホテル (朝食会&読書会レポート )

早起きして神社に行こうかいという早朝参拝&朝食会のレポートです。今回ラスト開催ということで朝食会場は豪華なところをセレクトしてみました。


東京大神宮

この神社、日本で神道式の結婚式をはじめたはしりだったりします。伊勢神宮東京出張所みたいなイメージの神社です。
P1018097
ご祭神は、アマテラスさまとトヨウケさま。

最近の都心の神社は良い意味で観光地化が進んでおり、画面が反応する液晶TVアトラクションとか、こんな参加型のアトラクションもありました。


P1018102

※打ち水のすすめ。これは、色んなところで真似できそうです。




靖国神社

そして10分ほど歩いて靖国神社へ

P1018103
こちらは無料のイヤホンガイドまであります。

P1018105

なんか、看板もスタイリッシュになっていました。一瞬、Twitterのアイコンかと思ってしまいました。

P1018111

おみくじもカワイイ感じになっており、都心の観光地でもある神社はすごいなあ、と感じました。みたま祭りの本殿ライトアップも非常に美しかったです。

靖国に関して言うと、「明治以降の、政府の軍隊の戦死者を顕彰する」のがはじまりの神社です。が、幸い平和な時代がつづいているので、「戦死者の遺族のお参り」というものはどんどん減ってきているわけです。

となると、慰霊という本義は大切にしつつも観光地として生き残りをはかっていくという必要性もどこかで感じているのかもしれません。



ホテル朝食

ということで帝国ホテル(Imperial Hotel)へ移動して朝食を。非常に美味しく食べることができました。

P1018115 P1018118

P1018121

話題になった本

いつものことながら、色んな世界が見えて面白かったです。

「第六感」で決めると、すべてに迷わなくなる!



「ものには名前をつける」みたいな、日常でできるカンタンな提案が
いろいろのっていて、実践してみたら面白かったそうです。

《水と音》が分かれば《宇宙すべて》が分かる ウォーター・サウンド・イメージ 生命、物質、意識までも――宇宙万物を象る《クリエイティブ・ミュージック》のすべて



結晶写真がめちゃめちゃ綺麗な、マンダラアート写真集という印象でした。

中世の患者

西洋中世の祈りと医療の関係性みたいな話のようです。「困窮と悲惨の中にあって自然の治癒力を信じ、自然の秩序の中に身をゆだねていた中世の人々は、病いをどう捉え対処していたのか。アラビア医学とヒルデガルト研究で群を抜く著者の西洋中世の医学・医療・患者の全体的把握。」(アマゾンより)

妻に龍が付きまして・・・



古事記を研究している人が書いた、スピリチュアルな夫婦漫才ストーリーです。

銀魂 (アニメ)



映画も話題の楽しいギャグマンガの銀魂です。

幕末の歴史上の人物がネーミングのモチーフになっていることが多いです。が、これのせいで漢字を覚え間違えて歴史のテストに困っている学生が続出という話も出ました。たとえば、会津藩の松平容保(まつだいらかたもり)は、松平片栗虎(まつだいらかたくりこ)として登場します。

生き残った帝国ビザンティン


日本語では珍しい東ローマ帝国(別名ビザンチン帝国)の通史を扱った書籍。タテマエを形式としては守りつつ、いかに柔軟に現実的な対応をするか、という意味で東ローマ帝国を考察している本でもあります。

さて、この形式での開催は今回で終了となります。いままでありがとうございました。また、別の形で神社イベントなどできたら面白いかもしれないと思っています。

■次回の朝会は7月29日です。(ラストです)

電子書籍で古事記を学ぼう
(iPhone・iPad・Androidでも読める)

ニューオタニの最強朝食と日枝神社 (11月朝食会&読書会レポート )

朝の日枝神社にいってきました

ビルと神社のコントラストが面白い神社です。神社の裏を少し行くと首相官邸やキャピトル東急などもあります。

今回、ブロガーの方にご参加頂いたので、ご紹介。みゆき嬢の文章は、どこか懐かしい感じのする優艶(エレガンス×セクシー)さが宝塚歌劇のようでおもしろいです。

http://ameblo.jp/equelat/  ~アラフォー過ぎからの輝く生活

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手水



色々と少し違うところがありました。まず手水場に炭がおいてあるのが新鮮でした。最近の都会の神社はハイテク化が進行しており、手水場の水は自動で出てきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日枝神社



門の両脇を固めるのは実はお猿さんです。お稲荷さんのお使いは狐ですが、山王さんのお使いはお猿さんなのです。なので、狛犬ならぬ狛猿がいます。

P1017041

 

P1017039
さて、参拝会と同時に読書会&朝食会でもあるので話題にでた本のご紹介です。

話題になった本

今回、ひとつ珍しい現象がおきました。マンガが一冊も出てこないというのが実はこの会はじまって以来だったかもしれません。

この会での好きな本紹介のルールは2つで、1人3分程度(人数により増減します)というのと、「自分が嫌いな本を他人が紹介しても怒らない」というのを今のところは運用ルールにしています。「買ってはいけない」という本をAさんが紹介し、「買ってはいけないは買ってはいけない」という本をBさんが紹介する、というコメディーが絶対おきないとは言えないので。

さて、次はニューオータニの朝食のほうのご紹介です。まず、ホテルのお姉さん達の制服がゆるふわリゾートな感じだったのがおもしろかったです。外資系のリッツなどだとよりスタイリッシュなのですが、こっちはよりリゾートなリラックス感の強い制服な感じがしました。

そして最強の朝食へ

なにが最強といって169種類も料理があるらしいことなのですが、169種の中で今回一番人気だったメニューは、讃岐うどん。

P1017055

半塾卵のトッピングのありなしは選べます。器は砥部焼という実用本位の愛媛伝統の器です。讃岐うどんのお店でよく使われます。

食べ放題だけあってちゃんと一口サイズなのですが、一口といっても意外に量があります。

「うどんか、お粥か、それが問題だ・・・」

と悩んでいる方もいらっしゃいました。

炭水化物系はおなかがふくれてしまうので、ビュフェでたくさん色んなものを食べたい時は後半に回すべきメニューなのですが、このうどんは美味しかったのでおかわりするか迷う所でした。

P1017054和食系のおつまみもといお惣菜はこんな感じ。鮭の焼いたものとかしゃけ弁当が作れそうなものもありましたし、梅干しも美味しそうでした。おかゆと梅干だけでも満足度高いのではというくらい。

洋食はお約束なソーセージやクロワッサンなど

P1017047

 

シリアルや生フルーツも豊富にP1017052

サラダもいろいろと。写真をとりそこねましたが中華も焼売(しゅうまい)と肉まんとあります。

P1017051

そして、意外な伏兵だったのがビネガーや健康ドリンクの類。観音温泉の水とか、特製スムージーとか、この辺のドリンク類が非常に充実していました。

P1017044

今回のニューオータニで使われていた「観音温泉水」ですが、アマゾンで売ってました。



あと、ホテルでよく目に付く気がするミネラルウォーターといえばこれ(スタバでも売ってます)



ごく個人的なここの料理ランキング、三位はサラダ類、二位はビネガー・特製スムージー、一位は讃岐うどん、です。

全メニュー制覇はよほどの大食漢でなければ一回では無理なので、オムレツやソーセージや焼き鮭のような、どこの食べ放題にもあるものは二番手に回し、サラダや野菜ジュース、そしてうどん、と手を付けていくのが、個人的なおすすめです。

 

■次回の朝会は7月29日です。(ラストです)

電子書籍で古事記を学ぼう
(iPhone・iPad・Androidでも読める)

リッツカールトン東京のコンティネンタル朝食 (8月朝食会&読書会レポート )

リッツ東京のラウンジの席からの眺めはこんな感じでした。案内された席は麻の葉文様(着物などでよくあります)をアレンジなテキスチャーの椅子でした。リッツカールトン東京のラウンジは未来都市的な雰囲気なのですが、さりげなく和のテイストも入っているのが面白い所です。

P8196947

では、読書会&朝食会なので話題にでた本のご紹介です。

話題になった本

 
いつものことながら、色んな世界が見えて面白かったです。

この会での好きな本紹介のルールは2つで、1人3分程度(人数により増減します)というのと、「自分が嫌いな本を他人が紹介しても怒らない」というのを今のところは運用ルールにしています。「買ってはいけない」という本をAさんが紹介し、「買ってはいけないは買ってはいけない」という本をBさんが紹介する、というコメディーが絶対おきないとは言えないので。

さて、ザ・ロビーラウンジの朝食のほうはこんな感じです。

コンチネンタルブレックファスト(パン・ジュース・フルーツ・お茶)とそれに卵料理を付けたコースとあったのですが、今回は全員が、コンチネンタルブレックファスト(パン・ジュース・フルーツ・お茶)プラス卵料理のコースを選んでいました。ちなみにラウンジの隣のレストランは、朝食ビュッフェがあります。食べ放題が好きな人はそちらもオススメです。

P8196961

P8196958

食後のお茶も10種類以上の中から色んな種類から選べるのですが、高級ホテルの朝食の中でもかなり高額な価格帯(5000円に届く勢い)になるリッツカールトンだけあり、「お茶のおかわり」は人間のスタッフが客席とは別の場所から給仕していただけました。テーブル以外の場所にワインボトルよろしく大型のポットが置いてあり、スタッフさんが折を見ておかわりを注ぎにやってきてくれるということです。

このお茶の給仕スタイルは別に朝食時間帯に限った話ではないのですが、少し高い分だけ他のホテルラウンジよりものんびり過ごせる傾向はあると思います。
朝食後のお茶には、日本茶も選ぶことができ、こちらのおかわりもいいタイミングで補充されていました。(もちろん、一杯づつ追加料金ということはありません)

余裕のある人数のベテランスタッフが配置されているというのは、サービスを売るレストランにとっては非常に重要なことだなと感じました。

P8196920

あ。明治神宮の杜も朝からよい雰囲気でしたよ。代々木から六本木は大江戸線で一本なので意外と近いです。(神宮のほうは別記事でレポート記事を書く予定。あくまで予定。)

■次回の朝会は7月29日です。(ラストです)

電子書籍で古事記を学ぼう
(iPhone・iPad・Androidでも読める)