品川駅 朝食 まとめ (エキュート サウス)

ホテルではありませんが、品川駅のエキナカのレストラン街がかなりの充実でびっくりしました。
P1012887朝から立ち食い寿司まであります。(1貫75円~)
どこも7時開店のようなのでその時間に品川で朝食をという
場合はエキナカもお勧め。(ちなみにJRの入場券は140円です。)

うどん×1 和定食×1 パン屋(eat-inあり)×1
そば×1 カレー×1 スープ料理×1
洋食(モーニング的な)×2 立ち食い寿司×1

とお店の種類も豊富で意外にレベルが高い。予算的には400円~600円くらいが多い。
「ゆっくり食事」というより「さくっと食べる」雰囲気のお店が中心です。
P1012885ホテルのモーニング的なノリならタミルズおすすめです。
パンはアンデルセンのパンはイートインもありました。あとは持ち帰り専用のパン屋
ももう一つ。

なお、食欲旺盛な人なら、はしごすればビュッフェ状態にできます(笑)

エキュート サウス お店リスト (品川)
http://www.ekipara.com/building/EC000SNG.html

 

■次回の朝会は3月18日です。今年は3月,5月,7月,9月の開催となります

電子書籍で古事記を学ぼう
(iPhone・iPad・Androidでも読める)

全メニュー制覇をするな!

今回はビュッフェ攻略の心得です。ホテルのビュッフェは品数が多いのでつい全メニュー制覇に挑戦するという遊び心に火がつくことがあります。しかし、普通 の胃袋の人がこれをしてはいけません。美味しいものを食べて幸せになるための食事の時間なのですから、おなかを壊してしまっては何の意味もないのです。

お 笑い芸人がネタのために食べに行くのとは違うのですから、変な話題作りに走る必要はありません。

PB181525
ビュッフェ形式というのは、美味しいとつい食べ過ぎてしまうのですが、ここで食べ過ぎないコツが一つあります。

「お金より健康が大事だよね。お金より美食が大事だよね。お金より幸せが大事だよね。」

と魔法の呪文を心の中で3回唱えることです(笑)

要は、1回で全てを体験しなくてはいけないと思うから食べ過ぎるのです。3回くらい来てそれで完食しようと思えば、楽しみも増えて適度な満腹感と幸福感を持って楽しめるのです。

もちろん3回行けば3倍の経費がかかりますが、そこで美食よりお金のほうが大切という判断をしてしまうのは、優雅さにほど遠い行為です。別に毎日行かなくても3ヶ月に1回で1年かけて行ってもよいのです。収入レベルの問題ではありません。

オークラ

要するに、芸能人の追っかけや映画のファングッズと同じです。好きな映画だとついついどうでもいいフィギアまで買ってみたくなるものですし、好きなお店はついつい全メニュー制覇をしてみたくなるものです。

しかし、全メニュー制覇をするならお金のことより自分のペースでやることを考えることです。食べ物に限らず、自分の許容量を超えて一気にやるとおなかを壊します。鉄の胃袋の持ち主でもない限り、1回で全メニュー完全制覇をしようとしないことが大切です。普通の胃袋の人なら、2~3回に分けて行うことが肝要です。

P2102061
PS

それでも食べ過ぎてしまった時は・・・、素直に次の食事とその次の食事を抜いて後悔を味わってください。どんどん失敗してどんどんデータを集めることで、失敗確率はどんどん減っていきます。(笑)

 

■次回の朝会は3月18日です。今年は3月,5月,7月,9月の開催となります

電子書籍で古事記を学ぼう
(iPhone・iPad・Androidでも読める)

ファミレスの朝食とホテルの朝食

写真はロイヤルホストのエッグベネディクトですが、このファミレスの野菜類と卵は侮れません。
意外と見た目よりも美味しいです。

さて、ホテル朝食とファミレスの朝食をざっくりで比較してみます。

価格帯で分けると外食の朝食というのは

200円以下      すきやの朝定食等の激安朝食
300円~500円   吉野家・松屋の牛丼・朝マック・朝モスバーガー・ドトール・喫茶店モーニング
500円~1000円   ファミレスのモーニング等・喫茶店モーニング
1500円~2500円  少し安めのホテル朝食 (ビジネスホテル含まず)
3000円~5000円  ホテルの朝食 (いわゆる高級ホテルの朝食)
5000円以上       超高級朝食

こんな感じになるかと思います。500円前後はかなりの激戦区です。では、2000円前後のホテル朝食と1000円以下のファミレスの朝食、食材に極端な差があるかというと実はそうでもありません。

ロイヤルホストのサラダや卵料理は安めのホテル朝食のバイキングと比べて遜色のないレベルです。ココスの朝の食べ放題のワッフルもなかなか侮れないレベルとなります。

ホテルとファミレスの一番分かりやすい違いは、「顧客の滞在時間をどれくらいと見込んでいるか」という点です。

高めの高級ホテルの場合は、「顧客が2時間くらいストレスなく滞在できる」ようになっています。
安めのシティホテルの場合は、「60分~90分くらいストレスなく滞在できる」ようになっています。500円~1000円くらいのファミレスは「30分~60分くらいはストレスなく滞在出来る」ようになっています。

逆に吉野屋などは「3分で食べて即出かける」みたいな需要に応えることを目的としているので
注文して30秒くらいでどんぶりが出てきて、5分~10分で食べてすぐ出るという超短期滞在型となります。

なので、どういう所で食事をするかというのは「何分で食べたいか」というのも大きな問題で、とにかく短時間で食べたいなら吉野家的な場所を選ぶべきですし、食事をしながら時間がかかる話がしたいのであれば高い店を選ぶべきです。属性にあった所を使うことが自分達の満足度につながります。同じホテル朝食でも1時間コースにしたいのか2時間コースにしたいのかで、安めの店を選ぶか高めの店を選ぶかを決めてもよいと思います。

細かな差としては、高級ホテルのほうがファミレスよりはサービスレベルのばらつきが少ないです。また、食器の格や店内の内装なども、ホテルのほうが凝っている場合が多いです。。

また、BGMの有無というのも意外に重要な所で、商談目的にしてもリラックス目的にしてもかえって邪魔になるBGMの存在というのはよくある話です。これは、ファミレスでもホテルラウンジ等でも事情は同じです。

BGMに関しては空調と同じで座る位置によってかなり聞こえ方が違うので、店を変わりたくはないけど音がうるさく感じられる時は席をかわりましょう。案外気にならなくなることがあります。基本的に全席満席でもなければ堂々と頼めば変えてもらえます。(満席で席が気に入らない時は、言うだけ言ってとりあえずあきらめるか店を変えるかの二択となります。)

 

■次回の朝会は3月18日です。今年は3月,5月,7月,9月の開催となります

電子書籍で古事記を学ぼう
(iPhone・iPad・Androidでも読める)