塩竃神社 (仙台駅前)  (10月早朝参拝レポート )

今回は導きの神様として知られるシオツチを祭る塩竈神社へ。
イベントでは仙台駅前のところへ、その後で本社へお参りしました。
今回もWEBサイトをお持ちの参加者の方がいらしたのでご紹介します。

仙台のアネゴ@手相&数秘術占い師 宮丸 恵 さん
http://www.b-days.org/

杜の都仙台の心理カウンセラー らぶさん☆こと佐藤愛彦 さん
http://www.sk-mori.org/

ちなみにこの場所、本当に東口の駅出口から徒歩数分です。

PA255828

 

PA255826
伊達家四代目藩主の時代(17世紀)、塩竃大明神(今の塩竈神社)の修理をする時、いったん仙台駅近くのこの辺りにお宮をうつしたという話があり、その名残で今も小さいお宮さんが残っているのだそうです。

日本の歴史豆知識ですが、昔は神仏習合といって寺と神社の世界観は融合していました。なので神である八幡様を「八幡大菩薩」と呼ぶなど、菩薩という仏教の言葉で神道の神様を呼ぶという話も普通にありました。

PA255829 PA255830

地元の小さい神社という雰囲気なのですが、なかなか綺麗に整備されています。お祭りがあったのかこんな張り紙も。

PA255832
 

参拝後に、ホテルの朝食会場へ移動しました。笑ったのはこの建物。なにやらビルの上に神社があります。

PA255837

そして、よく見ると同じビルに教会も併設されています。

PA255840

これも神仏習合ならぬ、心神集合ですかね。結婚式場らしき感じでした。式典をキリスト式でやろうと純日本式でやろうと、どちらでもよいという発想ですな。なお、今の神道式の結婚式のスタイル自体、明治期に西洋の習慣を取り入れて作られたものです。(昔の結婚のお祝いは家でやってました。)

ちなみに塩竈神社(陸奥国一宮)の本社はこんな雰囲気。仙台からは電車だと仙石線(せんせきせん)か東北本線で15分~30分くらい。

JR東日本仙石線 本塩釜駅 (東側の参道の入り口まで 徒歩約10分)
JR東日本東北本線 塩釜駅  (表参道の石鳥居まで 徒歩約15分)

です。

PA255861

わりと気持ちが良い坂です。

駅からタクシーという手もあります。何も言わないと東側の参道に連れて行かれる可能性は高いと思うので、上の写真の表参道の石鳥居から行きたい人はきちんと指定したほうがいいです。

では、次の記事は朝食会記事になります。

(続く)

 

■次回の朝会は3月18日です。今年は3月,5月,7月,9月の開催となります

電子書籍で古事記を学ぼう
(iPhone・iPad・Androidでも読める)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(Spamcheck Enabled)