伊勢山皇大宮  (6月早朝参拝レポート)

6月の伊勢山の早朝参拝レポートです。こちらは横浜のお伊勢さんとして知られる所です。

P1012998JR桜木町駅から徒歩数分、小高い丘の上に神社があります。

志貴皇子の歌 「岩はしる 垂水の上の 早蕨(さわらび)の 萌え出る 春になりにけるかも」
万葉集の有名な歌です。雪解け水が生き生きと流れる春の開放感を感じられる歌です。

P1013000万葉仮名の原文は「石激 垂見之上乃 左和良妣乃 毛要出春尓 成来鴨」です。奈良時代、万葉の時代の漢字の使い方は本気(マジ)とか夜露死苦(ヨロシク)とかと基本的に同じです(笑)

本殿へ。朝の神社といえばお掃除をしている神社の人というお約束の風景。
P1013017
摂社へ。大神(三輪)神社 写真には写っていませんが磐座(いわくら)もあります。
P1013001杵築宮(きづきのみや)・子の大神。出雲系です。実は今回、この神社が昔あった場所(横浜市中区野毛町3丁目160-4 あたり)にも行ってきました。

P1013002境内の松。

P1013011撮影中?な風景P1013015

参拝後はみなとみらい方面へ歩きます。実は10分とかかりません。

P1013030
続きは朝食会記事にて

 

 

■次回の朝会は3月18日です。今年は3月,5月,7月,9月の開催となります

電子書籍で古事記を学ぼう
(iPhone・iPad・Androidでも読める)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(Spamcheck Enabled)