乃木神社 乃木坂 (3月 早朝参拝レポート)

sP3172111
今回は東京乃木坂の乃木神社へお参りに行ってきました。明治の英雄乃木大将を祭る神社です。同じ明治の偉人を祭る神社としては、明治神宮(明治帝)、東郷神社(東郷元帥)、などが有名所ですが、この3社の中で比べると、乃木神社が一番女性的な雰囲気を見せてくれるかもしれません。

ご祭神の乃木大将の経歴を簡単に解説すると、長州で育つ→戊辰戦争→西南戦争→台湾総督→日清戦争→日露戦争→学習院の院長→明治天皇の死後に殉死 という風になります。若い頃は放蕩三昧だったので周りが心配して奥さんをもらうようにすすめたところ、結婚後は少し落ち着いたらしいです。

境内社には吉田松陰を祭る神社もあります。乃木大将は晩年に学習院の院長として教育者をしていた時期もありますので、武道に限らず学問にもよい場所かもしれません。実際、すっきりした雰囲気なので頭がさえてくるような気がすることもあります。将軍だけあって勝守みたいなお守りもあるので合格祈願などでプレゼントするにはよいでしょう。

sp3172114
正面の桜はとても綺麗でした。人がそろうのを待っている間、桜を撮るのが流行っていました。

一の鳥居をくぐって行くと近代的なITな看板が。昼間は山の手線のように広告が写るのでしょうか?(笑)

sP3172118

写真では見えませんが、この看板のサイドには尺貫法で身長を測れるような目盛りがついています。この神社は何回も来ているのですが、今日初めて気がつきました。何人かで測って遊びましたが、主宰者は約6尺でした(笑)

sP3172119
さて、奥へ歩いて行くと、正面には手水舎とニの鳥居が見えてきますが、左側にはこんなものが

sp3172120
旧乃木邸裏門の文字が小さく読めます。そう、ここは旧乃木邸の跡地にたっているのです。朝7時台ではあいていませんでしたが、昼間くると旧乃木邸を外から見学できます。

 sp3172122

 手水舎(ちょうずや・てみずや)で手を洗うと、「お!水は人感センサーで出るんだ!」とびっくりしていた方もいらっしゃいました。最近大きい神社だと多いです。神社によっては竜の口から人感センサーで水がでてきたりしてかっこいいです。 sP3172123
ここで一回区切ります。 朝食会レポートと神社レポートの続きはこちらをクリック

■次回の朝会は3月18日です。今年は3月,5月,7月,9月の開催となります

電子書籍で古事記を学ぼう
(iPhone・iPad・Androidでも読める)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(Spamcheck Enabled)