帝国ホテル レ・セゾン  (3月朝食会レポート)

3月の朝食会レポートです。帝国ホテル、レ・セゾンブレックファーストにて。この卵料理はレ・セゾンブレックファーストのもの、ほうれん草と卵の組み合わせが美味しそうな感じでした。余談ですが、ホテル朝食というとビュフェ形式のレストランが多いのですが、コース形式だととにかく店内が静かなのが最大の利点です。

sp3172138
こちらはアメリカン。ボーチドエッグにソーセージなどの付け合わせ。

sp3172139
帝国ホテルは、内資系ホテルの中でもっとも有名なホテルでしょう。帝国ホテル、ホテルニューオータニ、と並んで御三家と称されることもあります。

いくつかのレストランがあるのですが、今回はメインダイニングのレ・セゾンへ。ここのサービスは適度な距離感と丁寧さがあってとてもよいです。スタッフの数も多く、ビジネスでもプライベートでも安心して使える雰囲気を醸し出しています。席と席の間隔も比較的広いので、周囲の席も視界には入るのですがそんなには気になりません。

コースは、レ・セゾンブレックファーストとアメリカンブレックファーストとあともうひとつありました。アラカルト&紅茶もおすすめですとは伝えたのですが、今日はなぜかアメリカンが流行っていました。

ち なみに卵料理をエッグ・ベネディクトに差し替えるとか、パンをパンケーキに差し替えるとか、そういうリクエストはお願いすれば対応して頂けるケースのほう が多いです。
エッグ・ベネディクト(帝国ホテル レ・セゾン)
いわゆる高級店というのはリクエストに対応できる幅というのが広いので、何か思いついたら「断られてもあからさまに嫌な顔はしない」という前提のもとで、どんどん聞いてみたらいいと思います。(場合により追加料金は発生しますのでそこは要確認。)

いつもパンケーキに流れてしまうのですが、次回はフレンチトーストを食べようと考えています。ここのフレンチトーストもとても美味しいという噂なので。

4000円代の朝食というのは、恐らく朝食というカテゴリの中では最も高級な部類に入ります。それだけで話のネタにもなるので1度体験してみると楽しいと思います。チェーンの居酒屋で5000円飲んでもネタにはなりませんが、朝食に4000円以上かけるというのは究極のムダとしてある意味でネタになります。

さらに話題性を求めるなら、2000円プラスくらいでシャンパンもあるので朝食後の予定に支障をきたさないタイミングを狙ってお酒も頼めばよいでしょう。(笑)

なお、ここのサービスというか演出で面白い思ったのは、コートなどを預けると帰り際にこうなっていることがあることです。

sIMG_0179

ここの入り口のソファーに置かれると百貨店のディスプレイのようで綺麗なのでちょっと好きです。どのタイミングでたたんでいるのかだけなんとなく気になりますが、恐らく預かった時に綺麗にたたんでおき、会計伝票をリクエストしたくらいのタイミングもしくは席を立ったくらいのタイミングで置いているものと思われます。(笑)

日本を代表するホテルだけあってサービスの平均水準はとても高いので「自分の仕事に生かせる気づきを持って帰る」という意識さえあれば、下手なビジネス研修よりよほど得るものはあると思います。

朝食会の席での好きな神社の話題で、鞍馬山がいいとか伊勢神宮がいいとか靖国神社がよいとか、色々でましたが、奈良の檜原神社(三輪)がちょっと話題になっていました。私は行ったことがありませんがイイトコロらしいですよ。

■次回の朝会は12月4日(東京)です

電子書籍で古事記を学ぼう
(iPhone・iPad・Androidでも読める)

帝国ホテル レ・セゾン  (3月朝食会レポート)” への1件のコメント

  1. 初めまして。帝国ホテルの「レ セゾン」の朝食が気になっていましたところ、こちらのエントリーに辿り着き拝見させていただきました。日本を代表する帝国ホテルから一日のスタートを始めるのは、まさに格別の時間ですね。お預かりの衣服の畳み方にも感激致しました。レポート参考になりました。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(Spamcheck Enabled)