教育勅語を書く?

Meiji Emperor

明治大帝(在位 1867-1912)



明治神宮のサイトを見ていたら面白い物を見つけました。写経ならぬ、写勅(?)です。
教育勅語を書いてみようということをやっています。

パソコンの普及に伴い、手書きで文字を書く機会というのは激減しました。ただ、「色即是空 空即是色」のようなものを書くのは心を落ち着かせるよい手段となります。

http://www.meijijingu.or.jp/kyouikuchokugo/pc/index.html (明治神宮のサイト)

教育勅語の文章が日本的かどうかなどの議論はさておき、批判的な人も肯定的な人もあらためて書き写してみると面白い発見があるかもしれません。

読んだことがない人のために教育勅語の内容を超ざっくりで要約すると

(前略)
*両親を人間として敬い
*兄弟姉妹は仲良く
*夫婦は互いを大切に
*友人との信頼関係を大事に
*慎み深く振舞い
*博愛の精神を忘れず
*よく学んで知恵のある人物となり
*人格も磨いて社会に貢献せよ
*法による秩序を尊重し
*戦争や災害等の非常時には、進んで日本のために力を尽くすべし
(後略)

となります。略した部分は「天皇から臣下に詔をくだす」という形式の文章になっているので、大日本帝国時代の政治体制に批判的な人にとっては反対理由になると思います。ただし、内容そのものは文化や文明の違いを超えた普遍的な常識の範囲内かと思います。最後の一文を含めて。

興味をもった方は上記のざっくりな現代語訳に満足することなく、ぜひ原文にあたってみてください。短い文章なのでそんなに時間はかかりません。読んでみると分かりますが、現代語で解釈する時のふれ幅はけっこう広いです。

http://www.meijijingu.or.jp/kyouikuchokugo/pc/index.html (明治神宮のサイト)

Google検索 「教育勅語 原文」 (検索結果に飛びます)

■次回の朝会は7月29日です。(ラストです)

電子書籍で古事記を学ぼう
(iPhone・iPad・Androidでも読める)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(Spamcheck Enabled)