6月の早朝参拝&朝食会レポート

東京横浜ホテル朝食会&早朝神社ツアー
6月は、ホテルニューグランド 熊魚庵 へ行ってまいりました。朝を和朝食にする利点の一つとして、お粥が用意されていることが多いです。写真はご飯ですが、お粥版はこちら

東京横浜ホテル朝食会&早朝神社ツアー
 

このあたり、おなかに優しい方を選べるのが和食系のメリット。お腹がすいてはいるけど
たくさんは食べられないという 時にはピッタリです。ちなみに食前には、梅こぶ茶的な
胃に優しいドリンクがおまけでついておりました。

ホテルの朝食というとビュッフェが多いですが、食べ放題コーナーのないレストランのいいところは、とにかくゆっくり食事ができること、です。こういうお店はご飯やお粥はおかわり可能なお店が多いのもいいところです。おなかがすいたらどうしようという心配はあまりしなくてもよいです。

ビュッフェコーナーがあると、どうしてもお店の中の通路の交通量が増えます。混雑している
お店だと実はかなりあわただしい雰囲気になってしまうことがあります。

食べ放題の面白い感じと賑やかさを楽しみたい場合はビュッフェ、食事や会話そのものを楽しみたい場合はコースのほうが優れているでしょう。(逆に言うと、話題を探すのが大変そうな
相手と会食する場合は、ビュッフェのほうが食べ物を雑談のタネにしやすい所はあります。)

こちらも3000円で100円おつりがくる程度の値段帯です。内容としては値段相応ですが、とにかくチャキチャキ食べたい時は朝食は前日におにぎりでも買って冷蔵庫にとっておいたほうが効率的でしょう。あくまでゆっくり食べるのに適した設計になっています。高級ホテルの朝食スペースは。

参拝のほうは、この日は、伊勢山皇大宮と隣の成田山に行ってきました。この二つの神社とお寺はお隣くらいにあるので、両方行ってみるのも一つの方法です。なお、横浜のこの地域は明治以降に開けた場所なので神仏習合の歴史はありません。ほぼ隣にありますが、両方とも完全に独立した神社とお寺となります。

お寺と神社がほぼ隣にある場合、神仏習合といって神社とお寺が混合してひとつになっていた時代の名残で隣になっている場合も多いのですが(奈良の興福寺と春日大社などは有名な例)、ここは違います。

 

■次回の朝会は12月4日(東京)です

電子書籍で古事記を学ぼう
(iPhone・iPad・Androidでも読める)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(Spamcheck Enabled)