3/4 東京ホテル朝食会&早朝神社参拝(日枝神社&シャングリ・ラ ホテル)

早朝参拝&ホテル朝食会第二弾は、東京開催です。ご好評につき定例化しました。朝ってすいてていいんです。食事代も場所の割に高くなりませんし。無理して起きる必要はないのですが、少し頑張って早く起きる価値は意外に高いです。
今回は、赤坂の日枝神社へ早朝参拝し、丸の内線に9分ほど乗って移動、シャングリラホテルで朝食を食べます。

日本神話とタロット / 魂の声を聴く優雅な時間
(写真は中華版の朝食です。前回訪問時は、和・洋・中とあり、別にパンやハムやサラダやジュースやお菓子等のビュッフェがありました。)
日枝神社は大山咋神(山の主=山神)をまつる神社で、日枝という言葉は京都の比叡からきています。
都心にありながら、鳥居をくぐるととても気がよい場所です。シャングリラは東洋の楽園というイメージが強い言葉ですが、もとの語源は「シャンの山の峠」らしいです。
「Shangri-La」(シャングリ=ラ)という言葉の語源はおそらく、
標準チベット語の「Shang, シャン、ツァン地方の一地域でタシルンポ寺の北」、
「ri, リー、「山」の意」、「ラ、「山の峠」」に由来し、「シャンの山の峠」を意味する。
(この部分はWikipediaより)
山つながりということで強引につなげてみました。ある意味、ハムや果実も、山の幸。今は畑で採れる小麦も山の幸と呼んでもよいでしょう。シャングリラはパンやハムも美味しかったです(笑)
■集合場所 7時15分に日枝神社 山王鳥居前(エスカレーターがある広い場所)
     地下鉄(銀座線・南北線)溜池山王駅(出口7)徒歩3分
     http://www.hiejinja.net/jinja/access/index.html
※朝食から参加の場合は、シャングリ・ラ ホテル ピャチェーレへ
お出かけください。8時15分頃の到着予定です。(多少前後する場合があります)
■時間  7時15分集合 10時過ぎ(朝食終了時)に解散。
※途中参加・途中退出は自由です(事前にお知らせください)
■定員  3名~8名程度(主催者1名を含む)
■参加費 会費はありません。
     お賽銭・交通費・朝食代の実費を各自お支払ください。
     目安 4500円~5000円程度
■参考URL 
日枝神社 
シャングリ・ラ ホテル
■お申し込み&お問い合わせ:HPのメールフォーム(ここをクリック)からお気軽にどうぞ。  
普段は朝食は簡単にしか食べないのですが、普段より2,3時間早く起きると、意外に8時にもなるとおなかがすきます。

■次回の朝会は7月29日です。(ラストです)

電子書籍で古事記を学ぼう
(iPhone・iPad・Androidでも読める)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(Spamcheck Enabled)